Archive for March, 2015

米国株について

Monday, March 30th, 2015

チャートについては割と否定的な俺だが、ファンダメンタルズ(市場の環境などの基礎的な要因)は重視する方だ。
例えばだが、もうすぐ米国の利上げが行われるというニュース。これはもう、仕手筋だとか、証券会社だとかの幹部じゃなくとも、ちょっと経済に目を向けていれば誰もが知っているニュースだ。
ただ、それだけでは何だか分からない人も多いが、米国にドルを戻す、金の流れを戻すという宣言だ。
するとどうなるかというと……米国の内需が高まるのだ。
じゃあ米国に輸出をしている株! ……というのも悪くないが、米国株に目を向けてみるというのも悪くない。
もちろん手数料などは割高になるが、普通に証券会社を通じて購入が可能だ。
しかも、1株単位での購入が可能となっている。
いきなり手を出すのはリスクは高いが、米国株は配当もいい。検討してみるなら今からでも遅くないだろう。
次回は、俺が実際に目を付けている銘柄について語ろうと思う。

小林洋行について

Monday, March 16th, 2015

小林洋行を少し昔に買っていた。商品先物大手の会社で、もちろん東証に上場している。商品先物と聞くと、顔をくもらせる御仁も多いことだろう。かくいう俺も、会社員時代にはその強引でどうしようもない営業電話に悩まされたことがある。

こんなことで利益が出るのか? と思ったが、最近は商品先物も淘汰が進んでいるらしく、上場している会社以外は、かなりの数が廃業、或いは業種転換をしている。そして、この小林洋行という会社も、廃業こそしていないが、業種転換をしている会社の一つだ。

この会社はフジトミという子会社も持ち、こちらも上場をしている。今回、中長期的な視点で持とうと思って250円の時代に仕込んでいたが、今回の照明メーカーを子会社のフジトミが手に入れるという情報で、一気に暴騰した。

財務状態を見る限り、割と肥え太っていたものの、それを今回見事に上手く活用したと言えるだろう。イメージだけで銘柄を判断しないことが肝心だ。

好景気時に仕込む石油株

Monday, March 2nd, 2015

最近はアベノミクスで景気と株価の浮上が騒がれているが、そこの原因の一つに、原油安がある。
原油価格が下がると、景気の動向に関わらず石油関連の株は下がる傾向にあるが、その分他の株は上がる。当然だが、原油から様々なものを作るのだから、仕入れコストが下がれば、それだけ利益を上げやすいからだ。
だが、石油の元売りと言われる会社などは、そうはいかない。
これらの会社は、たいてい油田からの利益を何割かもらう契約でアラブで油田開発に携わっているのだ。

正直言って、今は石油株はチャンスだと思ってるね。特にJXホールディングス辺りは、配当も悪くないし、値段も手頃だ。
もちろん、新日本石油や昭和シェル石油なんかでもいいだろう。
いまいちアベノミクスの恩恵にあずかっていない、好景気の中の低迷株に見えるが、原油はいつの日かまた、戦争などがひとたび起きれば暴騰する。
今から仕込んでおくのに、注目の銘柄、業種と言えるだろう。