幼児活動研究会、子供銘柄を狙う意味

今仮に、どこの業界が一番熱いのか、と言われれば、AI関連かロボティクス産業、或いは介護関連というのがおおよその一般的な返答だろうと思う。だが、今後は幼児教育などは高度化していく事が考えられ、一部の富裕層に向けた子供の教育ビジネスは活発化するだろうと言われている。そして、それに向けたオススメの銘柄が、この幼児活動研究会、と言うわけだ。
主たる業務は幼稚園や保育園のコンサルティング、それも体育や運動という方面という特殊な業務だが、だからこそ新規参入が難しい業種とも言える。競合相手がほぼいない、少ないということはそれだけ収益をおびやかされる可能性が低く、将来にわたって安定した利益を上げることも見込まれる。現状では配当などについてのうま味は少ないものの、今後を見据えて、キャピタルゲインを狙ってポートフォリオに加える事を推奨したい。中長期の投資スタンスで、ある程度気長に構えるべき銘柄と言えるだろう。



No Responses to “幼児活動研究会、子供銘柄を狙う意味”




By submitting a comment here you grant 投資で4000万!鈴木が直接対面で教えるブログ a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.