パーク24はポスト・シンギュラリティのビジネスの夢を見る

これを読んでいる方々は、パーク24という会社をご存知だろうか。なにやら24という数字が付いていることからして、コンビニなどのフランチャイズかと思われるだろうが、駅前や都心部でよく見かけるコインパーキングの最大手で、タイムズを運営しているのがこの会社だ。
カテゴリ的には不動産業であり、最近ではレンタカービジネスにも手を出している。経営は堅実で株価も決して安くないが、逆に考えればぱっとしないといえばその通りだ。自分も10年前であれば、特に注目しなかっただろう。だが、自動運転がもうすぐ始まる。その時、膨大な数の駐車場を持っているタイムズは大化けするはずだ。カーシェアにおいては車がどこかに「ある」必要がある。常に走り続けていればガソリンのコストがかかるからだ。そういう意味で、多くの駐車場を抱えるパーク24は、他のレンタカー企業に比べても、一日の長がある。ここは中長期を見据えてホールドしておきたい。



No Responses to “パーク24はポスト・シンギュラリティのビジネスの夢を見る”




By submitting a comment here you grant 投資で4000万!鈴木が直接対面で教えるブログ a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.